Le's top page
  • (株)エイジェイオーエル事務局が、MOJICOで文書を通知(特定公開)しています。内容は、代理店向にけて発信したものと分かるものから、単なる連絡文書まで様々です。
  • その中に、代理店活動・・・いわゆる”斡旋業(入会のあっせん)”に直接関わる告知文書があります。これは、被勧誘者(勧誘を受けた人)にとって、このビジネスに参加するか否かの判断を左右する重大な情報がのせられいる事が多く、知らなければ不利益を被ります。契約書にサインする前に必ず情報を入手してお確かめ下さい。
  • どのような文書があるかと申しますと、『NTTとの業務提携トークについて』、『代理店の権利(金)について』、『将来のMOJICOの販売 or 配布について』、『代理店が勧誘を行う際の注意事項等』、『共済ならびにCube関連の情報』、『連鎖販売取引(マルチ商法)の注意事項・重要事項説明』等々です。
  • これらの情報は、代理店にならなければ得られないという不条理な面がありますが、Acube事務局に問いあわせれば教えてくれるものも多々あります。契約しようと思う人は特に、Acube事務局に問いあわせ、確認をしてください。代理店の説明だけで満足されないようご注意願います。
  • Acube事務局から発信の通達文は、まず「mojico」に配信され、重要事項は書面でも代理店に通達されます。重要事項は契約内容を変更したものもあり、必ず目を通さなければならない性質のものです。mojicoに配信されるそれらの通達文を継続的に閲覧することによって、このマルチの動きが分かることになります。
  • 『悪徳代理店の代表的な言動等』は特商法違反の疑いが濃いものを紹介しております。『事務局からの発表等』には会社が発表あるいは通達した文書の解説を載せています。『その他の事項』は関連する情報、このマルチを理解するに助けとなる情報類を紹介しています。
  • 人によっては、にわかに信じ難い情報が中にあるかもしれません。誰しも、自分の経験・知識等を通してその情報を見るからです。したがって、個々の情報をどう受け取るかは各自にお任せいたします。
【情報引用部はJavaスクリプトをonにして見て下さい。】
この遍歴の前を見る  last update 2005 Oct.18
2004年悪徳代理店の代表的な言動等Acube事務局からの発表等その他/関連情報
1月 1月7日に重大発表がある。
春から、CMが流れる。
やる気のある人のみ代理店登録に
PPOLで車が安く買えますトーク厳禁
PPOL社の株購入のルートを開設
代理店登録申込みの時は、かもめ共済《安心プラン》への申込みが必須です
再登録・再申込時等の取次店変更
◆Cube加盟店申込みに、名義借りや不正申込が多発しているそうです。監視体制を強化するため、本人に意思確認の電話を入れることが始まりました。勧誘する代理店さんに健全な活動を求めます。
説明会によって、勧誘の是正を行う方法。
無認可共済は原則違法
2月 実は、99,800円なんだ。
●SF−80が出来ていて、パナソニックが売り出す。
●3月にすごい発表がある。
●MOJICOがIP電話を取り込む。
●2005年には100万会員達成だ。
●家電のデオデオが大口契約に興味をもっていて近々乗り出す。
名刺に”NTT取次店”記入は厳禁(/4)
PPOL株式ご紹介キャンペーン(/12)
マネージャーから降格した場合、再度昇格条件を満たしても昇格なし(/17)
PPOL株、売却禁止期間が短縮される(/17)
▼PPOLの株券は、3月上旬に事務局から発送予定(/27)
「大学共済は無認可〜」とウソぶく代理店にご注意のこと
経済産業省のパブリック・コメントの結果
織田裕二氏のCM出演と放送に関わるお問い合わせを行いました(/23)
学生や主婦を狙うマルチ商法にご注意(消セン)
3月 ●社長はmacを日本語化した人
●社長はmacを日本に持ってきた人
●官報に載ったから大丈夫
pion7注釈=>未だに勧誘トークとして用いられているのが不思議です。立派な特商法違反でしょう。
新規の人が代理店研修を受講しなければ、無報酬・無カウント(/5)
学生の勧誘は厳禁(/8)
2月度以降は代理店研修受講必須。受講なければカウントされず(/16)
【重要】織田裕二氏のCM出演はAcube事務局が「事実無根」と完全否定(/6)
特商法がパワーアップします
OTCBB銘柄は危険:::現在、PPOL株がAJOL代理店向けに売られておりますが、買い意欲は代理店にしかないのが実状と思われます。つまり、代理店がその株を売ろうとしても、買うのは代理店しか居ない。Cubeと同じく、その狭い市場? でしか流通しないアイテムに陥る危険性があります。ご注意ください。(/12)
■当管理人に、中傷文書が送達される。
学生を勧誘していた連鎖販売取引業者を行政処分(東京都)
最近の社長のスピーチはどう?
■更新料支払い会員:141,357人(AJOL発表)
4月●4月7日のSWSで重大な発表がある。FMFの新設(マネージャー以上)(/15)
名刺に、当社WebサイトのURL表記を(/28)
▼MOJICO支援隊を創設
【Next MOJICO Project】発表
◆4月7日付で多数の通達文が事務局より出ております。
■第2回目の「主務大臣に対する申し出」を行う。(/21)
国民生活センターからのお知らせ(/22)
エイジェイオーエル訴えられる。「原状回復等請求事件」。(/27)
■当管理人に中傷文書が送達される。これは偽計業務妨害の疑いがある。4度目があれば警察に届け出る予定。
■佐川急便がWebサイトで「連鎖販売取引お断り」を通知。
消費者取引分野の違法行為による利益の吐き出し法制に関する研究。
■「社長のスピーチを載せるのは困る。」というクレーム....いえ、削除のお願いが、弁護士を通じてAJOLより入電。※注釈:::相変わらずページの指摘がない。どこが、どう問題なのか不明。(/28)
5月 ●悪質な「ブラインド勧誘」の報告あり。
●来年4月に、P社・N社からMOJICOが販売される
●手書き文字認識が使われている
●近いうちにアメリカでも普及活動を本格化する
●商品の配送にはヤマト運輸が協力している
●来年4月に上場する。ヤフー株のように何百倍も値上がりする
●Cubeは電子マネーとして普及してきている
Cube残高すべてを共済会に移管(/25)
PPOL株を売却するための口座開設は、すでに中止済(/25)
PPOL株は、簡単に売却できません(/25)
■弁護士さんと諸々の事項について協議す(/14)
■Cubeの預かり金をすべて「かもめ共済会」に移管した告知や、PPOL株に関する重要な通達文が出ております。PPOL株は、売りたくなっても、なかなか売ることが出来ない代物らしいです。(/25)
原告:代理店、被告:エイジェイオーエル社「原状回復等請求事件」第1回口頭弁論。(/31)
6月 ●PPOL株が1000倍になる。
●親会社のPPOL社は、フォーバル・NTTと提携している。
●お年寄りや子供はパソコンの知識が乏しい。MOJICOなら誰でも簡単に使える。
●手書き文字を認識するソフトを開発中で、MOJICOの代金のうち80%が開発費にあてられている。
●Cubeという仮想通貨があり、この近くの店の何軒かで使える。
●『友人に勧誘され、人間関係が崩壊した。』
名刺に、当社WebサイトのURL表記を(/25)
第3次PPOL株優先譲渡の条件(/25)
▼写真・音声付き広告サービス & 動画・画像のメール受信サービス開始(SF70専用)。
▼マネージャー以上は四半期で再認定
▼手数料は、SF70を購入している取次代理店・受付代理店に
▼手数料取得上位者を公表
▼7月度の特別昇格条件に向けて6月度にステップを踏もう
■事務局の通達文とは裏腹に、PPOL株が高騰するという話が代理店間に流れています。
踊らされないための心得その1
PPOL株を売却する方法(/28)
■AJOL・かもめ共済会、B/S,P/Lを発表。
無認可共済をめぐる現状等について(国セン)PDFファイル
PIO−NETに寄せられた相談件数の推移と事例(国セン)
マルチ商法的勧誘方法で加入させる共済商品(国セン)
日本消費者連盟が行った、「無認可共済を行う事業者への質問と回答」(ページ中央より少し下「契約」の項に掲載)
7月 ●だめだったら高いファックスを買ったと思って諦めればいい。(ある事業説明会にて)
●よく知りもしないで疑うところが日本人の悪いところだ。(〜と同じ内容の説明を何度もする。)
●事業説明会で、半ば強制的に申込書に記入させられた。(書かないと帰してくれなかった。)
ネットワークビジネスが大学で講義されているし、自治体が”口コミ”に関心を寄せている。
●PPOLは、ナスダックに上場している。(残念ですが、これは嘘です。代理店は、直ぐにこのトークをお止め下さい。)
●インターネットは将来なくなって、みんなMOJICOネットになる。
●親が『これは将来儲かる。』と言い、勝手に私を会員にしていた。
●『まずは、やってみれば良い。』、『良く知りもしないで疑うところが日本人の悪いところだ。』と代理店に責められた。
代理店登録確認書の事項に不満を表明の場合は資格停止などの処分をします
ディーラー以上は、四半期(定められた3ヶ月の期間)に、10,000Cube以上の購入をしないと代理店資格を停止。(救済措置、資格復帰の方法についてはアナウンス無し)
■PPOL株が欲しい代理店がいる。PPOL株を売り捌きたい会社がある。PPOL株取得の条件に勧誘実績がリンクされたことで勧誘が活発化し、被害者が急増する恐れがあります。苦情は消セン・国セン・経済産業省に申し出ましょう。
原告:代理店、被告:エイジェイオーエル社「原状回復等請求事件」第2回口頭弁論。陳情書の交付が行われる。(/7)
■相変わらず、大学生が勧誘され、代理店登録して活動している事例が報告されています。効力のない通達文に、規則を守らない代理店−−−それが繰り返されている実態が判明。
■「ブラインド勧誘」が特商法で明確に禁止になる予定を受け、AJOLも準備中?。
■PPOLでは、個人情報が本人の承諾なしに事務局によって公開されているようです。
8月 ●某スーパーに「代理店募集」のポスターが貼られているという報告あり。これは特商法違反です。
●親名義で代理店登録した未成年の代理店に、勧誘されたという報告が飛び込んできました。
●「とにかく、ハンコと免許証を用意しろっ。」−−−と脅迫的な勧誘をする代理店が居る。
●NHKのプロジェクトXの撮影が半分ほど済んでいて、それが放送されたら加盟したくても加盟できなくなるので、早く知人を勧誘して下さい。
▼PPOL株購入申込窓口ならびに金銭振込口座の管理は「かもめ共済会」が行います。
▼PPOL株の配当は、Acubeならびにかもめ共済会は一切関知していません。
▼当月度、特別昇格キャンペーン。(タイトルの大安売り)
■「実績をあげてPPOL株を買おう!」と末端代理店が煽られ、勧誘活動の活性化がはかられている模様です。不正な勧誘にご注意のこと。(/5)
■代理店が事務局未承認の資料を勧誘時に使用している模様です。その資料には、不十分で不確かな情報が掲載されていました。不実告知ならびに事実不告知、誇大広告の疑いがあります。【特に、PPOL株について誤った見解が述べられていました】(/22)
■代理店資格段階(タイトル)における”キャンペーン”が始まっています。
◆『夫がPPOL株欲しさに家族を契約させ、本当に困っています。総額280万円使ってますよ。』という投稿体験談。
9月 ●チラシで代理店を応募した某スーパーの事務所で説明会が開かれたとの報告あり。
●来年、大手電器メーカーが携わり、量販店でmojicoが売られるようになる。
●某市の某市議が、このマルチの代理店?。勧誘事例の報告あり。
根拠のない噂(話)を広めるのは厳禁です。
▼急いで1万円以上の通販を購入しなければ、代理店資格停止処分。
▼第?回目の「サマー・ファイナル・キャンペーン」実施。
▼累計会員数約40万人。
原告:代理店、被告:エイジェイオーエル社「原状回復等請求事件」第3回口頭弁論。陳情書、反論書交付。(/8)
■当サイトのコンテンツ『勧誘現場からの声』が、証拠書類として提出されます。
Acube事務局・青田社長宛に「退会希望者のための改善要望書」を書留郵便で送付する。(当サイト管理人:PDF-file/29)
10月 ●11月でマルチ商法を止める。というトークがありますが、会社側は何の発表もしておりません。
●障害者を勧誘し、ロクなフォローもしないで放ったらかし。フォローをするしないが問題ではなく、モラルの欠片もない勧誘。
▼かもめ共済会人事。理事長交代。(/1)
▼既会員向けのSF70特別価格は12月まで延長します。(/4)
系列の変更は原則不可。系列変更を唆せば処分します。(/5)
▼11月に重大発表があるような情報が流れていますが、そういう事実はありません。
▼1万Cubeの使用を急いで下さい。
▼コピー商品の販売は禁止。
▼FMF(ボーナス)の条件を緩和します。
▼ゼネラル・マネージャー、チーフ・マネージャーの再認定・復活を一時的に設定。
▼特商法改正に伴い、入会申込書・代理店申込書の予約販売を開始。
▼準会員申込書の新版を予約販売。
▼準会員の年会費は廃止します。
▼下取りMOJICOで再登録は連鎖販売取引に該当。
▼マネージャー以上は、SF70購入が必須。
SF80も連鎖販売取引でやります。
PPOL株のトークは注意せよ(/30)
金融審、無認可共済規制で論点整理/PDFファイル(/5)
「退会希望者のための改善要望書」に対する、Acube事務局からの回答。(/14)
PPOL株の譲渡は中止か?。(/25)
■事務局からの発表欄に特にあげてはいませんが、『NTTトークは厳しく注意』なんてのが未だに更新されています。もう何年出しているんでしょうか。いい加減、通達しなくても良いようにしましょう。>AJOL
11月「あの勧誘は何?、酷いもんだね。どんな教育を受けてるのだ。」とは、かつて代理店やってた人の弁。
●SWS開催。(/7)
●WindowsやMac-OSに代わる新しいOSを作りたい。
他のマルチ屋の勧誘に注意のこと(/1)
11〜12月度、直取次ぎ2倍キャンペーン(/5)
マネージャー以上は常時接続必須/常時接続申込キャンペーン(/5)
mojicoの返品が発生した場合。(/5)
▼Acube初代理事長に加藤明弘氏が就任し、任意団体化。(/5)
ディーラー以上は、四半期に1万Cube(円)以上の商品購入をしなければ資格停止。(/9)
■AJOLの親会社PPOL.Incが、1日付でCity Boulevard West Suite 870 Orenge,California 92868 から 11661 San Vicente Boulevard Suite 901 Los Angeles, California 90049 に引っ越した模様です。(/1)
原告:代理店、被告:エイジェイオーエル社「原状回復等請求事件」第4回口頭弁論。陳情書、反論書交付。次回は、来年2月2日(京都地裁)で、人証が始まる予定です。(/2)
改正特定商取引法施行(/11)
入会金、かもめ共済掛金、Cube支払い金、年会費も【特定負担】金である根拠。
12月 ●PTA会長の立場を利用し、PTA役員・会員を勧誘する。
『韓国の俳優がCMに出る』※注:定番の不実告知と断定してよい!....マルチを学習している人には分かりますよね。
●特商法違反とか詐欺とかいう....そういうレベルではない悪質な代理店の酷い勧誘事例もあります。(/25)
LWSは電卓を持参すること(/2)
▼新年から報酬P全面改定。その前に、12月度キャンペーン(/7)
Cubeから赤十字社または共同募金会に寄付できます(/8)
悪質勧誘には、事務手数料80,000円いただきます。(/16)
青田社長は社長を辞任。AJOL社最高顧問に就任(/16)【注:事務局は本当の事を通達していない】
▼青田社長、「かもめ社長」から「かもめ代表」に。(/18)
フォーバルのCMトークには厳しく処分。(/21)
当社新社長は、浅川雅彦氏に。(/29)
PPOL株関連の通達文は、その多くが削除され、ひっそりとしている。あれだけ賑やかだったのにね。(/2)
■相変わらず、「ブラインド勧誘」と「不確かな情報を断定的に伝える勧誘」が横行している模様です。
■Yahoo!FINANCE' PPOL INC (PPLC.OB)に、『PPOL Announces Resignations of Yoshihiro Aota and Nobuo Takada /Tue, Dec 14 - PR Newswire 』
■SESCに通告と資料提出を行う。(/15)
通達文について思う。
不実の告知とは。
経済産業省相談窓口
訪問販売業者:(株)バルビゾン、特商法違反にもとづく業務停止命令。
消費者基本計画の素案に対する意見の募集(内閣府国民生活局)。
国民生活審議会第7回消費者政策部会議事(消費者団体訴訟制度検討委員会の審議経過について)。


2005年悪徳代理店の代表的な言動等会社側からの発表等その他/関連情報/予定
1月 ●「ビッグニュースがあるが、聞かないか?」
●1月6日の集会で、マスコミに向けて凄い発表がある。なので、それ以後、mojicoの価格が高騰する。だから、今が代理店になる最後のチャンスだ。
●今入れば、?ヶ月後に株で大儲けができる。
●春には凄いことが起きる。家電店にmojicoが並ぶ。一般への普及が始まるのだ。
●代理店には、mojicoのID発行権が与えられる。
●SF70(現行機)は6月までに販売終了。
●6月で1次代理店募集は打ち切り、その後は2次代理店募集になる。
●100万会員で打ち切るといっていたが50万会員で打ち切る。
●SF80から一般販売が始まる。
●3月で連鎖販売取引(マルチ)は終了する(らしい)。
報酬プログラムが改訂。(/6)
▼昇格判定にポイント制を導入(/6)
SF70の連鎖販売取引は終了の可能性あり?。(/6)
入会時は見習代理店からスタート(/6)
▼月会費の導入(実態は共済掛金)。(/6)
代理店の監督責任を負う者は?。(/12)
当社新々社長は、山本正夫氏に。(/15)
▼下取りSF70の出荷遅れています。(/22)
勧誘体験談を分析すると、「会う約束」は勧誘ではなく、会って説明を始める時からが「勧誘」であるとするAJOLの行動様式が判明。
■6日に新プログラムが発表されました。(/7)
■システムの不具合か?。昨年10月以前の通達がmojicoから見えなくなりました。(/7)
■6日の集会で、PPOL株不祥事の弁明は一言もなかったようです。
■1月4日付の入会申込書には、「代表取締役社長:青田吉弘」と明記されています。辞任したはずですが、嘘だったんですかね。(/12)
個人情報保護法とは?(パンフレット)。
■名古屋市北区の小学校PTA会長F氏に関係する事例を入手(前12月=PTA会長の立場を利用し、PTA役員・会員を勧誘する=の案件)。(/21)
■断ると急に態度が悪くなる代理店が居るらしい。(/26)
■代理店間で、PPOL株の売買が横行しているという報告がありました。(/26)
PPOL株の販売が法律違反であったことをAcube事務局が全代理店に通知しないのは卑怯です。
国民生活審議会第13回個人情報保護部会[議事録](/27)
2月 ●4月ぐらいから2次店募集が始まるから、今がチャンス。
●まず申し込んで、駄目だったらクーリングオフを使えばいいよ。
●「主婦にとって、40万円は簡単に出せないし、事業を起こすにしても普通の主婦には無理」と言うと、「1000万円儲かるのに40万円は、安いでしょう!」と。さも、1000万儲かるのは確実と・・・
●100年に1度のチャンス!。(それだけビッグなビジネスという話だが根拠は?)
この事業は間違っていない。だから、嘘をついても構わないんだよ。
その他
▼月会費によるプレゼントかもめ共済が失効した場合の復活の条件と手順。(/1)
▼ディーラー以上に昇格するにはLWS受講必須。(/3)
▼昇格キャンペーンでポイントを達成していても、当月がノーポイントだと昇格できません。(/3)
SF70の連鎖販売取引は終了の可能性、その発表スケジュール。(/10)
SF70の連鎖販売取引は終了の可能性、その発表スケジュール。(/14)
▼他社がMOJICOを製造する予定なし。(/15)
▼虚偽の住所で入会を申込んだ場合、関係代理店・上位代理店を処分。(/22)
▼系列に不具合が生じた場合、本人からの申し出があれば、本人以下の系列変更を事務局が行うことがあります。(/24)
▼代研、LWSの本人確認は厳密に。(/24)
京都地裁>原告:代理店、被告:エイジェイオーエル社「原状回復等請求事件(不実勧誘による契約の無効or破棄)」人証(/2)
■代理店の資格段階(タイトル)昇格規定や共済関連の通達が出ているようです。(/8)
■「mojicoの店頭販売が○月から始まる」と言って勧誘している代理店がいますが、会社から「始める」とも「時期の発表」も一切何もありません。惑わされないようご注意ください。(/11)
■PPOL株について、Acube事務局からマネージャー以上に対して箝口令が敷かれている模様です。(/12)
代理店間でPPOL株の個人売買が行われている?。
■「必ず儲かる」トークは逮捕される危険あり。悪徳商法NEWS プレスネットNEWS(/20)
第11回消費者団体訴訟制度検討委員会[議事要旨](/21)
mojico販売およびサービス等の売上は昨年同四半期=2950万ドルから12%ダウンし、2590万ドルでした。(/23)
■「SF70の連鎖販売取引終了」に関する通達文が削除されているという報告がありました。(/23)
■「相談」という名の「勧誘」にご注意。(/24)
経済産業省:連鎖販売業者【インターライフ株式会社】に対する行政処分についてPDFファイル(/24)
■「本当の通達文はマネージャー以上にしか通達されていない」という合理的根拠のないトークをしている代理店がいます。ご注意ください。
AJOLのWebサイトが「やっと」更新された模様です。(/26)
3月「ウチは、マルチ(連鎖販売取引)ではない!」下取りSF70の出荷遅れています。(/3)
▼「今年度でCubeが無効になる」というデマに惑わされないように。(/9)
常時接続の申込みと説明の有無によるポイントの加減算。(/17)
PPOL全株をシンガポールの投資会社が買収。フォーバル・グループと訣別。(/31)
■相変わらず「大学生の代理店」が存在するようです。事務局の代理店活動チェック体制に欠陥が有るのですかねぇ。(/10)
AJOL社による代理店会員へのPPOL株売買について
今年社会人になられる皆さんへ−ネットワークビジネスの甘い誘惑/北海道環境生活部生活文化・青少年室
島根県商工労働部産業振興課から「健康食品に関する連鎖販売取引」に注意喚起。(/11)
■京都地裁>原告:代理店、被告:エイジェイオーエル社「原状回復等請求事件(不実勧誘による契約の無効or破棄)」最終弁論。(/23)
本コンテンツで取り上げている「禁止トーク」について(/29)
子会社及び孫会社の異動に関するお知らせ((株)フォーバル)。PPOL,Incとエイジェイオーエル社を売却。PDFファイル/テキスト版はここをクリック(/31)
4月 ●7月からmojicoの一般販売が始まる。(「だから、今のうちに代理店になっておけば、将来儲かる(かもしれない)。」〜と続く。
これは会社主導なのか、かなり広範囲に広まっている勧誘トークのようです。
●「NTTと一流電器メーカが、AJOL社の下請けになる。」....「光ファイバー対応のIP電話はmojicoしかない。」....「ミニ・ホストコンピュータ(サーバー?)のオーナーを全国に1000カ所つくる。」
これらは、不実の告知(要するに”嘘”)です。
●「次世代mojico(SF80)を今秋から投入する」ことは、青田代表が公言しています。その他、かもめ通信No.96 にビジョンが公開されています。(/26)
●mojicoは世界に通用するIP電話の特許を取得している。大手メーカーが、その特許を使ってmojicoを生産するので、mojicoにはSONYやPanasonicの印が付く。AJOL社の下請けに、NTTがいるぐらいだから間違いない。
「コンビニでCubeが使えるようになる」という代理店のトークは妄想です。(/1)
▼報酬プログラム一部改定。(/5)
SF70での連鎖販売取引は7月度で終了し、Acubeの活動は休止します。(/10)
2004年度売上げと累計会員数等の発表。(10)
▼mojico支援隊募集の受付は中断。(/10)
▼mojicoのメニューを一部廃止。(/10)
▼8月以降、Cubeギフト券の使用は加盟店だけ。(/10)
▼Surplus fee の報酬は四半期を一括して振り込みます。(/10)
SF70の連鎖販売取引を終了しても、PPOLオンラインサービスは継続。(/19)
TV東京系列に「トコトン ハテナ?」という番組があります。番組で、マルチ商法に何故ハマるのか分かりやすく説いていました。突っ込みは甘いですが必見。
■PPOL社のWebサイトが消滅。http://www.ppolusa.com/ (/4)
(株)フォーバルのグループ会社からエイジェイオーエル社が姿を消す。(/11)
■ヤフー・ファイナンスのPPOL,Inc−OTCBBのページにも影が落ち始めている。(/18)
■PPOL,Incの株主掲示にフォスター社確認。(/21)
■PPOL社のWebサイトが復活。http://www.ppolusa.com/ (/21)
■「無認可共済」に規制・改正保険業法が成立。(/22)
{1月の改訂で、mojicoを所有しない「協力店」の処遇が不明のまま。協力店登録制度が無くなったのか?。準会員に移行できなかった協力店は切り捨てられた可能性。}{それと、今まで募集してきた”キャビン店”をどう活かすのか、何のビジョンも出してこないのは不誠実ではないか?。}(/26)
JATE認定:U100。
5月 ●『AJOLはフォーバル・グループから独立した。』
正しくは、(株)フォーバルがAJOL社をフォスター社に売却。
●7月から、mojicoは普及する。
「根拠は、通達文や資料にそう書いてあるから。」だそうだ(笑)。本当に、そうなってから言うべき。いつも「予告編」だけで終わってるし…。会社は予告編さえ流しておりませんけどね。
▼5月21日(土)より5月23日(月)は、一切の事務局業務を停止します。(/Apr.20)
入会者急増が続いているため、mojicoの出荷遅れます。(/10)
mojicoを店頭販売する予定はない。(/12)
ダウンで消費者問題が起きた場合、自らの責任と費用で解決せよ。これは未来永劫に約束のこと。(/12)
▼マネージャー以上になっても、流通マージン(Cube fee)で高収入が得られるとは限りません。(/12)
代理店登録するだけで、収入(報酬)があると思うべからず。(/26)
▼青田代表、PPOL社の取締役に20日付で再任。また、AJOL社の代表取締役社長に6月13日付で就任予定。(/28)
「契約するまで、他の人に相談しては駄目。まだよくこの”マルチ”を理解していないから誤解を招く。」
※重要
・7月度でAcubeは休業する。
・8月度から次世代mojicoを商材とした新マルチを旗揚げする。
mojicoの普及(一般販売)等ということは、会社側は一切アナウンスしていません。また、新マルチに関する情報は開示されていません。(/10)
マネージャー以上に昇格・再認定の通達について。(/11)
■京都地裁>平成16年(ワ)第800号。原状回復等請求事件。原告:代理店。被告:エイジェイオーエル社。判決。(/16)
「MOJICO」、「かもめのキャビン」、「Cube」、「Acube」等の商標権は、(株)シーガル・(株)グリーンキャピタルが所有。(/25) ※因みに「かもめサービス」は、フォーバル総合研究所と(株)シーガルが商標権を所有。
■京都地裁>平成16年(ワ)第800号。原状回復等請求事件。原告:代理店。被告:エイジェイオーエル社。エイジェイオーエル社控訴す。(/31)
6月 ●総理大臣もmojicoを愛用している。
●mojicoが一般販売される時、大手電器メーカーはパソコンの販売を止め、mojicoを120万円で売るようになる。
「家電は、mojicoから遠隔操作するようになる。これらは国からAJOLへの要請である。会員になっておけば40万円でmojicoが買える。だから、会員(代理店)になろう。」…と続く。
●AJOLはNTTと提携している。NTTがマルチに加担するか?。この事業は確かなものなんだよ!。
●誰が何と言おうと、mojicoは普及する。
第三者も認める根拠ある資料の提出を求めます。
他のマルチに勧誘すれば、代理店報酬は全返還。資格も抹消します。(/1)
▼マネージャー研修は、7月6日が最期。(/1)
▼4月度の代理店報酬は2度に分けて振り込みます。(/3)
▼6月度の正規ディーラー昇格キャンペーン実施中。(/6)
▼該当者は、PPOL株式名義書換書類を至急返送せよ。(/7)
▼代理店研修、LWSの身代わり受講は関係者を厳罰処分。(/7)
▼Cube fee トークは厳禁。(/9)
入会者、未入会者に事務局がサラ金を紹介します。(/10)
7月度の実績をもって、代理店の資格段階は固定。以後は永久に降格・昇格はありません。(28)
裏付けが取れない代理店のトークは、すべからく「不実告知(嘘)」であると判断しましょう。
■将来、「権利金でウハウハ」が約束されているのに、なぜ執拗な勧誘を行うのでしょうか?。勧誘は、競争相手を増やすことになるのに…。(実は、詭弁で納得させられているのですがね。)
PPOL社がUSC(日本企業)を買収?。(/9)
■証券取引等監視委員会のパブリックコメントに意見を提出しました。(/21)
■新マルチを始めるのは、インターネットの批判をかわすため?。(/25)
原状回復等請求事件。原告:代理店。被告:エイジェイオーエル社。被告の控訴により、舞台は大阪高裁に。事件番号、大阪高裁平成17年(ネ)第1862号。(/28)
代理店のmojico買い込み情報あり。4月度の入会者数大幅増は、この買い込みによる可能性大。事務局、気が付かないのか?。(/29)

消費者団体訴訟制度の在り方について:PDFファイル【内閣府】(/23)
7月 ●国のホストコンピューターの中にPPOLサーバーがあるから、mojicoのセキュリティは完璧。
●NTTはAJOL社の下請け。回線契約も20万回線取ってやったんだ。
●昔、まったく新しいシステムを開発するために国や郵政省から補助金を数億円受けたことがある。
●「楽してお金を稼ぎたくない?。」−「いい仕事があるんだけどさぁ。聞いてみないか?。」
●AJOLがやろうとしていることは、国が進めようとしている事と一致している。だから、将来は成功しかない。
●「この仕事は親友を通して紹介するもんだ。一緒に出来ない人には相談するな。」
●mojicoは世界でただ一つ、PC不用の先駆的IPフォンだ。
●電子マネーを開発したのはAJOLだ。
●2006年秋からmojicoが電気店で販売される。そのIDを有償で発行する権利が代理店にある。
●私は、ビル・ゲイツと会い、パソコンの販売が伸び悩んでいる相談を受けたことがある。
●「新しい仕事を始めたので君の協力が欲しい。会って話を聞いてくれないか?。」
●後5年ぐらいでmojicoが普及し、権利収入が得られるようになる。
●勧誘を断った人に対して。「誤解を解きたいので会って欲しい。」と、しつこく電話。
●「親には話してないよね?」
●8月から新しい名前(マルチ)になるのは、余りにも、mojicoやAJOLの名前が知れ渡ったからだ。
●「お前は、インターネットの情報と俺と、どっちを信用するんだ?」
●「バックに、NTT東日本がいるんだ。ビジネスとして将来確実な収入がある。」
○『まだ学生の友人に誘われました。』
●「あと、2・3年で通信市場はmojicoが席巻する」←これは4年前の代理店の御言葉です。
●7月6日のマネージャー・フォーラムに、NTTのトップが列席した。(〜列席して、mojicoを絶賛した。)←かもめ通信にそのような記事もなく、事務局からも発表されていない。
かもめのキャビン第14次募集。9月末まで。(/2)
▼AcubeはUサービスに、PPOLオンラインサービス名はUUオンラインに、mojicoはUフォンに、かもめ共済会はU共済会に変更。(/6)
▼マルチの統括者はAJOLから(株)ユーワールドに。(/6)
▼Uサーバーの開発は、アドバンス・コミュニケーション(株)。(/6)
▼アドバンス社株の公募の仮申込みは13日。(/6)
▼新マルチの報酬計算は半月度になります。(/6)
▼端末機の名称は、U100。(/6)
▼AJOL社は移転。(/6)
同居親族は、Uフォンを購入することなく、家族メンバーとして登録できます。(/14)
※その他多数。
教訓:悪質業者は苦情が公になるのを嫌がる。おかしいと思ったら、契約後でも恐れずに専門家に相談。(/1)
新マルチの組織構成。(/9)

京都地裁>平成16年(ワ)第800号。原状回復等請求事件。原告:代理店。被告:エイジェイオーエル社。判決文公開。(/11)

16日付の中日新聞35面。信販会社が代金未払いの購入者を提訴。(/16)
Uサービスのパンフレットから(/18)
■AJOLの住所も電話番号も既に変更になっているのですが、Webサイトでは何の変化・告知もありませんね。何故ですか?。(/19)
■PPOL,Inc.のY! Finance が、いつもの顔と違ってたのでビックリしました。遅れたみたいだけど財務表は出てるようですね。→こちら(/24)
■かもめ通信によると、「青田代表のスピーチは旧態依然。AcubeがUサービスになっても何ら進化なし。」ということで。(/28)
お知らせ 新ページへ
 AJOLからUワールドに連鎖販売取引の統括が移り、新たな連鎖販売取引が活動を始めることに際し、引き続き”このマルチ商法(連鎖販売取引)”の監視を継続する予定です。既に、Uサービス事務局より多数の通達文が発せられておりますが、その内容は旧態依然であり、消費者問題に対する意識が何一つ改善されていないという結論に達したのがその理由です。
 未だ、Uワールドとの間でトラブルに遭っていない消費者の利益を守るため、トラブルに巻き込まれた人には解決の糸口をはかるため、不当な勧誘や不当な契約をさせられた人の証言を応募します。また、特商法に違反した行為などの報告もお待ちします。と同時に、消センや国セン・公的な関係機関・所轄省庁への通知も奨励します。未然に消費者問題を防いだり、問題に対しては解決のために、取り得る行動を取りたいと思います。
 なお、Uワールド稼働から新ページに移り、AJOL関連のコンテンツはこのまま残す所存です。
【2005 Jul.12 pion7】