このWebサイトのトップページに戻る
【2003.nov.12 pion7】
 MOJICO(FAX機器の一種)で、AJOL社運営のPPOL(AJOLのmojicoで受ける情報サービス名)に接続すると、そのメニューの中に【紹介!インタネット】という欄があります。そこには、パソコンで普通に見ることができる様々なページ(サイトのコンテンツ)の項目一覧が掲載されており、FAX情報として紙に出力できます(白黒です)。

 MOJICOから、見たい項目を選択すると、PPOLのホスト・コンピュータがインターネットにアクセスし、所定のページをFAX情報に変換して出力している…という話もあります。
 しかし、MOJICOから取り出した「コンテンツ」には、AJOLの事務局が、【あらかじめ所定のコンテンツを閲覧し、それをプリンター出力したものをホスト・コンピュータにFAX情報として再アップロードしたもの】が配信されている形跡があります。

 MOJICOには、インターネットにアクセスしてリンクを辿る機能はありません。さらに、ホスト・コンピュータがリンク先を自動で抽出し、MOJICOの選択項目画面に、抽出したリンク先をリアルタイムで表示する機能を持っているとは確認できていません。ホスト・コンピュータを介したMOJICOで、インターネット上の任意のWebサイトを見ることは出来ないのです。(AJOL社が再アップロードしたものに限る。ネット・サーフィンは出来ない。)

 つまり、私たちが、閲覧中の画面をプリンターに出力し、それを多数の人間にFAXするために送信可能状態にしている(その情報をデータとして蓄えておく)ことと同じ…それも無断で、一企業が商業ベースで会員(累計40万人)という特定多数に向かって行っているということになります。

 MOJICOで取り出したそれらコンテンツは白黒であり、動画はもちろん、リンクの機能も付加されているワケではありません。コンテンツの中には、無断転載のお断りを記述しているものも有ります。AJOL社は、該当のコンテンツを提供している著作権者に、コンテンツ転載の許可を取っているのでしょうか?。

 PPOLで配信されているそれらのページ先を幾つか紹介しておきましょう。本来、PCで見ることを想定して作られたコンテンツもあり、表示形式もリンクも崩れてしまうFAX情報として、会員に”商用オンラインサービス”で配信することの正当さを問いたいと思います。また、これらコンテンツを運営されている各社の方々は、これをどう見られるのか興味のあるところです。
TOSHIBA EMI のサイトから「宇多田ヒカル」さんMOJICOで引き出した時のイメージ画像
YAHOO!MOVIESMOJICOで引き出した時のイメージ画像
KARAO.comMOJICOで引き出した時のイメージ画像
マピオンMOJICOで引き出した時のイメージ画像
asahi.comMOJICOで引き出した時のイメージ画像

◆宇多田ヒカルさんのページには音楽も流れておりますが、紙出力ではその音楽も聞こえません。フラッシュのページですが、それも生きていませんし、リンクも紙面では行えるワケがありません。

◆YAHOO!MOVIES では、日々更新される情報が反映されているのか不明ですし、映画館の地図のリンクも意味を成しません。

◆KARAO.com では、ランキング検索などを会員が行えるワケでもなく、利用できるコンテンツは極限られてしまいます。

◆マピオンでは、自由に地図を選べません(あらかじめ、PPOLに蓄えられた情報しか取り出せない)し、地図の検索は不可能です。

◆asahi.com では、日々更新される情報・ニュースがリアル・タイムで引き出せるのですかねえ。広告部分や、色の配置なども正しく表示されていません。そしてA4サイズの紙出力ということもあって、右側が欠損しています。
 PPOLで会員に”商用オンラインサービス”で再配信されているコンテンツは、紙で見るものですから「リンク」や「色」、「動画部分」は欠損しています。また、MOJICOを使って、自由にリンク先を見て回ることも不可です。
 FAX情報なるが故に、打ち出されたコンテンツは白黒で目も粗く、きれいな画面として見ることは出来ません。

 ここで紹介した再配信のコンテンツは極一部です。インターネットの情報・コンテンツが自由に、AJOLの会員に利用できるのなら特に問題にはならないのかもしれませんが、リンクは生きてない・白黒で紙出力・動画は見れない・音や音楽は聴けない・・・という欠損ファイルとなっています。そして何より、こういったコンテンツが無断で転載されていることを、元の運営先は黙認されているということですね。

 MOJICOで取り出したそれらのFAX情報は引用いたしません。AJOL社が、自社のコンテンツとして転載を許可しないと予想されるからです。
 上で紹介している「MOJICOから引き出した時のイメージ画像」は、小生が、該当ページから作成したものであり、MOJICOから引き出したものではありません。しかし、イメージ的には、ほぼ同じです。
(引用において、著作権者に不都合があれば申し出て下さい。削除いたします。でも、その場合は、AJOL社にも著作権侵害の疑いがかかりますよね♪。)

 過去、インターネット上の情報・コンテンツをFAX情報として変換し、”商用オンラインサービス”で再配信したケースを私は知りません。利用する会員が、リンク先をMOJICOで自由に巡り、FAX情報として取り出すというのではなく、AJOL社が再配信のためにアップロードしたコンテンツしか見ることが出来ないのです。完璧な転載であり、引用にも当たらない。このような、商用としての転載は、認められるものなのでしょうか?。(クレームが付かなければ、著作権者が許可したと同じですね。)

 その情報・コンテンツを自由に配信(配布権の所有)できるのは、その著作者に限られており、AJOL社のこういった再配信のためのアップロードが許されるべきものであるか、一石を投じたいと思います。

 なお、該当の各社がAJOL社に問いあわせる場合は、AJOL事務局(0120-47-3018)となります。著作権法においては、グレー・ゾーンかと思いますが、現地調査も合わせて毅然とした企業態度を取られることを期待したいと思います。
【2004.Mar.25 pion7】
 PPOLで配信しているインターネット情報は、上記したもので総てではありません。実は、mojicoで見ると「メニュー」がありまして、その見出しから中に入っていくと情報が引き出せるようになっています。mojicoからインターネットにリアルタイムでアクセスしている訳でなく、あらかじめ事務局が用意したコンテンツを配信している−−−という疑惑は、こういったメニュー構成を見ることで益々深まっていきます。

 それでは、PPOLで配信しているインターネットの転載情報を掲載しておきましょう。ちなみに、この部分は、AJOLの公式Webサイトでは紹介されていません。もともとは、インターネットで公開されている情報ですから、それを自社サイトで公開しても何ら問題は無いはずなのにね・・・。
 2004年2月6日現在、PPOLに掲示されている「紹介!インタネット」のメニューには以下のようなものがあります。

PPOL株価情報
 MSN
 Yahoo!
 Bloomberg
 OTCBB
 NASDAQ

ニュース
 アサヒ・コム(トップページ) http://www.asahi.com/home.html
  ※Web情報のPPOL転載と再送信化について、アサヒコムに報告しております。(2004.5.7)
 アサヒ 社会
 アサヒ スポーツ
 アサヒ 金融・経済
 アサヒ ネット情報
 アサヒ 政治
 アサヒ 国際
 アサヒ 文化・芸能
 アサヒ 生活
 アサヒ 科学・自然
 アサヒ ENGLISH
 アサヒ 今日の朝刊
 アサヒ 社会面
 アサヒ 経済面
 アサヒ スポーツ面
 アサヒ 社説
 アサヒ 天声人語
 CNN (トップページ)
 CNN ワールド
 CNN USA
 CNN ビジネス
 CNN スポーツ
 CNN エンタテイメント
 CNN こぼれ話
 CNN オンエア版
 スポーツ sportsnavi

天気
 財団法人日本気象協会
 北海道
 東北
 関東・甲信越
 北陸・東海
 近畿
 中国・四国
 九州
 沖縄

時刻表(都道府県別)

地図
 北海道地方
 東北地方
 甲信越地方
 北陸地方
 関東地方  (東京都:http://www.mapion.co.jp/html/map/web/admi13.html)
 東海地方
 近畿地方
 中国・四国地方
 九州・沖縄地方

占い
 星座占い
 四柱推命
 夢占い

スポーツ
 野球
 サッカー
 ゴルフ
 大相撲

今夜のテレビ番組(都道府県別)

映画情報
 注目作品一覧1
 注目作品一覧2
 注目作品一覧3
 注目作品一覧4
 上映情報

音楽

タレント
 安達祐実
 池脇千鶴
 五木ひろし
 岩下志麻
 宇多田ヒカル http://www.toshiba-emi.co.jp/hikki/index_f.htm
 緒方直人
 織田裕二 BIOGRAPHYの「映画」ページを、引き出すと、数日前の日付が・・・
 尾上紫
 神田うの
 神田正輝
 菊川怜
 北島三郎
 木村佳乃
 工藤静香
 黒木瞳
 小泉純一郎
 後藤真希
 小雪
 西城秀樹
 坂口憲二
 さだまさし
 三人祭・7人祭・10人祭
 柴咲コウ
 椎名桔平
 釈由美子
 純名りさ
 SMAP
 ソニン
 反町隆史
 高橋克典 ACTORのページをPPOLから引き出すと、あら不思議。数日前の日付で・・・。これは、リアルタイムにページを変換しているのではないというのが一目瞭然です。PPOLは、許可を頂いて、PPOLに転載しているのでしょうか。
 高橋英樹
 竹野内豊
 ダウンタウン
 館ひろし
 田中麗奈
 千葉真一
 津川雅彦
 田村亮
 ともさかりえ
 中澤裕子
 仲間由紀恵
 中村俊介
 中村雅俊
 羽田美智子
 原田知世
 坂東玉三郎
 広末涼子
 藤谷美紀
 前田愛
 前田亜希
 松村亜弥
 松嶋菜々子
 MAX
 松たか子
 松田聖子
 松雪泰子
 三木良介
 モーニング娘。
 森口博子
 森高千里
 八代亜紀
 柳葉敏郎
 吉永小百合
 米倉涼子
 渡辺満里奈

暮らしの知恵
 掃除
 清潔キッチン
 レシピ
 防虫・消臭
 時候の挨拶

健康
 生活習慣病

−−−以上ですが、それぞれURLが存在します。PPOLから引き出したものと、Web上にあるオリジナル・ページが一致するか否か、現在調査中です。
 それにしても、タレントに関してはかなりの数が掲示されておりますね。これらの情報再配信に関して、AJOL社はそれらWebサイト管理者に転載許可の承諾を得ているのでしょうか?。いずれ、WebサイトのURLを合わせて載せたいと思います。

 該当Webサイトの管理者は(たぶん)mojicoを持っておらず、PPOLによって引き出すことが出来るコンテンツを比較検討することも出来ないはずです。
 良識有る代理店さんは、mojicoで引き出したコンテンツとWeb上のコンテンツが同じものかどうか確かめられ、該当Webサイトに問い合わせて、転載許可を出しているかどうか問い合わせてみて下さい。

 Webサイトは公開された情報とはいえ、その情報を第三者がメディアを変えて再配信することは「著作権違反」の疑いがあります。AJOL社が許可を得て再配信しているのであれば問題はありませんが、”再配信許可を得た再配信”であることを明記していないので疑惑は深まるばかりです。

 一応、こういったコンテンツは”PPOLの売り”だと思いますが、AJOLのWebサイトでは紹介されておりません。他のコンテンツは堂々と紹介されているのに、何故なのでしょう?。他のコンテンツは見出しだけとはいえ、紹介されているのに解せませんねえ。
【2004.May.8 pion7】
 ある程度の物的証拠が得られ、連絡が取れそうな関係者各位には、こちらからご報告させて頂いております。最終的には、関係者の方々で確認を取って頂きたいですね。一個人の情報など取るに足らないかもしれませんが、Webサイトのリンクにも厳しいようですから十分な調査をお願いしたいところです。

 AJOLは、自社の通信情報サービス「PPOL」に掲載された著作物は自社の所有にみなすと「代理店規約」に記してますから、自身でアップロードしたWebサイト情報もすべてAJOLの所有物になるわけです。自分が欲しい情報をドンドン転載していけば、自分の著作物になるわけですね。まぁ、そこまで「悪徳」かどうか分かりませんけども。

 AJOLの弁解としては、「Google-cacheやArchive.org」と同じようなものだ−−−が考えられますが、私の見解は違います。
 まず、利用者が任意に選択できない。mojicoやPPOLには「自動検索機能」がありません。Web上の情報を無機質に取得してくるわけではなく、人為的に取捨選択された極僅少の情報しか取り出せない。
 MOJICOからの操作で、センターコンピューターがWeb情報を任意に検索し、その結果を表示しているわけではないということです。つまり、MOJICOでこのWebサイトを見ることは出来ません。

 さらに・・・
 取り出す情報がFAX情報である。メディアが変わるために、著作者が用意したWeb上のデザイン・配色・音などを反映できず、また、そこから他のWebサイトにネットサーフィンできるわけでもない。
 情報の欠落・変形を起こしており、著作者が意図する情報が利用者に与えられていない。

 MOJICOから取り出したそれらの紙面を見る限り、それは再送信可能化されたものであり、転載とみなすのが妥当だと考えられます。

 そして、著作者に無断で転載している疑いがあること。これが一番の問題ですね。こういうことを著作者が許すのであれば、リンク申請をするよう促したり、Web上に「無断転載お断り」の記述をするべきではないでしょう。
 無断転載の相手が、一個人であろうと一マルチ企業であろうと、それが「自分の利益を侵害している。」と思ったら同じ行動を取るべきだと思います。

 現在の再送信可能化を合法とするなら、「転載許諾済」の記述をPPOLに入れるべきです。公称40万会員を擁するPPOLで、情報サービスを提供するのであれば変な誤解を受けるような方法をAJOLは取るべきではないと考えます。

 AJOL自身は「著作権法」に結構うるさいはずです。AJOLのことに関する記事を引用しただけでクレームを付けてくるでしょう。それだけうるさいなら、自身の行為にも責任のある行動をお願いしたい。
  • (株)エイジェイオーエルは、通信事業者ではありません。特定商取引に関する法律の適用を受けている「連鎖販売取引業者」です。
  • インターネット上の情報をPPOLに転載し、公開していることは、著作権法を侵害するものか否かを問わず、この連鎖販売取引の実態を知るうえで重要な情報です。(侵害していたらコトですが…。)
  • 無断で転載されているかどうか著作者が簡単に確認できる方法があります。それは、お近くの「かもめのキャビン」という看板を上げている店舗に赴くと、そこにはMOJICOが常設されていますので使用させてもらい、PPOLに接続してもらって視認できるでしょう。MOJICOから引き出したFAX情報が証拠になります。仮に見つからなかったといっても安心は出来ません。キャビンのMOJICOには、ある特定のコンテンツを見えなくする処理が行われる可能性もあります。その確認が取れた時は「悪質な無断転載行為」として責任の追及が行われるでしょう。
  • 「かもめのキャビン」店の場所や営業時間は、Acube事務局 0120−47−3018 or 03−5467-3015(代)にお問い合わせ下さい。

【2004.May.12 pion7】
 本当に、センターコンピューターがリアル・タイムでWeb情報を取り出してきているかどうかを確かめる手はあります。その前に、PPOLの「紹介!インタネット」というコーナーが、代理店の説明通り「センターコンピューターがWeb情報を自動で取得し、それをPPOLのそのメニューに反映させている。」というのが会社の公式な発表なのか?_ですけどね。社長のスピーチでは、「インターネットの情報をこれからも載せる。」というような発言しか私は見つけておりません。

 PPOLをWeb上にある特殊型のサーバーと解するなら、そのサイトにWebサイトのリンクを貼っているのが、「紹介!インタネット」というコーナーになるでしょう。善意的に考えるなら、PPOLのサイトにリンクを貼っているだけということになります。その場合も、「リンク承諾必要。」のWebサイトに申請しているかという解釈もできます。
 まあ、単なるリンクなら著作権法上、問題にはなり難いと思います。

 ただ、WebサイトはPCのブラウザで見ることを前提にしてますので、強制的にFAX形式に変換することの是非は問われるでしょうけど。こういう変則的な情報提供をする場合、善良であれば「著作権者に承諾を得る。」ことは社会通念上必要かと思いますが、いかがでしょうか?。
 まあ、これは、センターコンピューターに【Web情報 → 選択的にFAX情報に変換】する機能があるとしての話ですけども。

 センターコンピューターに「Web → FAX」の機能が搭載されているのか知るには、一番良いのは、NTT東日本に問い合わせるのが良いでしょう。著作権侵害の疑いがあれば、顧客の情報でも最低限のものは開示せざるを得ないと思います。これは、センターコンピューターの機能についての情報開示です。しかも、その顧客(エイジェイオーエル)が連鎖販売を業とする会社なるが故に、「重要な情報」となる可能性が高いわけですから。

 仮に、センターコンピューターがプロキシ・サーバーの機能を持っているとしても、MOJICOでネット・サーフィンが出来ないのであれば意味がありませんね。この点では、Lモードの方が優れていると思われます。つまり、MOJICOのLモード機能を有効にして、それでWebを閲覧する方がマシということ。

 Lモード機能を搭載しているSF70に機種変更を推奨しているなら、著作権法上問題のあるPPOLへのWeb情報転載は必要ない。遅かれ早かれ、このコンテンツはPPOL上から無くなる運命にあると思われますね。チェックができる方は、このコーナーに紹介されている見出し(タイトル)の動きを記録しておくと面白いかもしれません。(ま、これは余談です。)

 MOJICOの機能、センターコンピューターの機能について「不実」があれば、統括者自身の特商法違反も問えることになるでしょうね。